お祝いに関する常識

ビジネスの場において、お祝いをするべきときにするのは大切なことです。本社移転や事務所移転、店舗移転などの情報を受け取った場合、お祝いをするべき時とそうでないときがあります。事業拡大のための移転ならおめでたいことですから、きちんとお祝いをするべきです。逆に、事業縮小による移転の場合、お祝いは控えるべきです。お祝いをするべきかどうかは理由によってちがってくるため、まずその理由を確認することが大切です。

さらに、お祝いの手配を始める前に確認しなければならないことがあります。それは、相手の企業が贈答物の受け取りを辞退している場合があるということです。一部の上場企業では贈答物の受け取りを辞退することがあります。その場合、贈答品を贈ってしまうと迷惑になるため、贈らない方がいいでしょう。

さて、以上の点を確認してお祝いをすることにした場合、贈答物は何を選ぶべきなのでしょうか?このサイトでは、ビジネスに役立つ、お祝いのときの贈答物についてお話します。その前提としてですが、どの程度のものを贈るかは相手企業との関係の深さによって決めるのがポイントです。あまり関わりがないのに高価なものを贈ってしまうと、相手側に気を遣わせてしまいます。お祝いの相場は、重要な取引先の場合3万円~5万円。通常の取引先の場合1万円~2万円程度です。

気の利いた贈答物を選べば、他社と差をつける機会にもなります。このサイトを参考にし、スマートにお祝いをしましょう。